スマートフォン解析

クレカよりも安全?ApplePayを利用の事前準備と安全性について

72

ポイントを効率よく貯めようなどと思っていると、いつのまにかたくさんのカードを発行していて、お財布はパンパン。 私も、お財布のカード入れの部分には、1つのポケットにカードが2枚以上はいっているところもあって、常にギューギュ・・・

スポンサーリンク

ポイントを効率よく貯めようなどと思っていると、いつのまにかたくさんのカードを発行していて、お財布はパンパン。

私も、お財布のカード入れの部分には、1つのポケットにカードが2枚以上はいっているところもあって、常にギューギュー詰めになっています。

カードを持ち歩くために、お財布とは別でカードフォルダを持ち歩いている人も少なくないですよね。

今回は、そんなパツパツのお財布から脱却できるApple Payの事前準備について紹介します。

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

ApplePayとは?

ApplePayとは、iPhone7やApple Watch series2で使えるお財布機能のことを言います。

いつも使っているクレジットカードやSuicaなどをWalletアプリに登録しておくだけで、お買い物や電車、飛行機への搭乗がスムーズになります。

つまり、お財布や定期入れを忘れてしまっても、カード情報を登録しているiPhone7やApple Watch2があれば、支払いができてしまうので、とても便利というわけなのです。

たとえば、会社員のかたで、電車通勤で定期券を毎月買っているかたは、お休みの日に、その定期を使って、お出かけすることも少なくないと思いますが、お出かけ用のバッグに定期を入れて遊びに行き、休み明け、定期を会社のバッグに入れ忘れるという経験をしたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

私は、さらに、お財布まで忘れてしまうということをしでかし、月曜から気分がドンヨリのスタートだったこともあります。そのときに、ApplePayがあれば、私は遅刻して怒られなくて済んだことでしょう・・・

私のように、朝、バタバタしてしまう人は、ApplePayにまとめてしまって、忘れものチェックがiPhoneやApple Watch2だけになると、ずいぶん楽だと思います。

ApplePayでやるべき事前準備はたった1つだけ

ApplePayを使うためにすべきことは、1つだけです。

それは、カードをWalletアプリケーションに登録するだけ。

【Suicaの場合】

デバイスをSuicaにかざすだけで、定期券情報や残高を読み取ることができます。

チャージも、窓口に行かなくても、Wallet内でチャージができるので、もう切符を買う列に並ぶ必要がなくなります。

【各種クレジットカード】

クレジットカードは、デバイスにカード情報を入力するだけで使えるようになります。

セキュリティやポイントも、通常と同じように使えます。

ApplePayの使い方

ApplePayは、まだまだ使えるところは少ないですが、電子マネーが使えるところは、お店のレジの表示を確認して、使えるかどうかチェックしましょう。

使い方は簡単です。

QUICPay、iD、Suicaのどれかで支払うことを伝えて、iPhoneを機器にかざして、Touch IDに指をのせます。

Apple Watchの場合は、再度ボタンをダブルクリックしてから、読み取り機にかざしてください。

私は、自宅の周辺がイオンだらけなんですが、イオンカードをApplePayで使えるようにしておいたら、イオンでお買い物をするときに便利だろうなと思っています。iPhoneをポケットに入れていくだけで、お買い物ができたり、映画を見られるのは嬉しいです。

また、最近、コンビニでコーヒーを買うという人も多いと思うんですけど、いちいち小銭を取りだしたりするのって、けっこう面倒なんですよね。そんなときに、いままでは、Suicaのカードとかを使っていたわけですが、チャージをし忘れることも・・・残高の確認も、チャージも簡単にできるApplePayがあれば、コーヒーもスムーズに買えそうです。

ApplePayはクレジットカードを持ち歩くよりも安心!

iPhoneやApple Watchにクレジットカード情報などを入力するのは、少し抵抗がある人も少なくないのではないでしょうか?

でも、実は、クレジットカードを持ち歩くよりも、ApplePayにカード情報を登録して、カードは保管しておく方が、安心だったります。

iPhoneやApple Watchには、紛失した時に「iPhoneを探す」のモードを使うことができます。その機能は、遠隔操作でデバイスの位置を特定することもできるのですが、Apple Payの使用を停止したり、カード情報などの削除もすることができます。

カードだったら、なくしてしばらく気がつかないことも少なくありませんが、いつも使うiPhoneやApple Watchであれば、なくしたことにも気がつきやすいですよね。

そんなわけで、ApplePayはセキュリティの面も高いので、複数のカードを使い分けている人も安心して使えるでしょう。

まとめ

  • ApplePayは、プリペイドカードやクレジットカードをの情報をまとめて持ち歩ける
  • 事前準備も、簡単な登録だけ
  • 利用もデバイスを読み取り機にかざすだけ
  • Suicaなどのプリペードカードは、チャージもWallet内でできる
  • ApplePayは、カードを持ち歩くよりも実は安心できる

日本は、現金払いをすることが多いので、どうしてもお財布フリーでは、なかなか出かけることができないと思いますが、それでも、カードの山を持ち歩かなくて済むのは、大きなメリットです。

うまくApplePayの機能を使って、少しでも身軽にお出かけできると嬉しいですね。

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ