スマートフォン解析

AppleWatchは防水機能付き?

AppleWatch

★★AppleWatch関連情報★★ AppleWatch2の最新情報や噂 AppleWatch2の発売日予想は?性能はどうなる? AppleWatchに偽物が…見分け方は? AppleWatchの内蔵アプリ一覧 App・・・

スポンサーリンク

AppleWatch 防水

結論から言えば、AppleWatchには防水機能が付いていません。

しかし、防沫、耐水機能は付いてます!

「防水は付いてないけれど、防沫、耐水機能は付いているってどういうこと?」と思うかもしれないので、今回は防水機能と防沫、耐水機能の違いなどを細かく説明していきますね。

iPad Pro好評発売中!
送料無料で自宅へ!

↓ 公式サイトをクリック ↓

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

防水・防沫・耐水機能の意味とは

以下に防水・防沫・耐水に対してまとめてみました。

  • 防水機能
    • 防水機能とは、外界からAppleWatch機械内部に水が入り込まないように加工する事をさしています。このことを、ウォータープルーフとも言います。
  • 防沫機能
    • 防沫機能とは、水の飛沫に対して保護されていることを意味しています。つまり、霧状の水が吹きかかったくらいなら耐えられる機能を持つということです。
  • 耐水機能
    • 耐水機能とはあらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない、もしくは少ないを意味しています。雨や手を洗った時などに耐えられるというレベルのことです。

AppleWatchは防沫機能・耐水機能を持っているが、防水機能を持ってないので、外界からAppleWatch機械内に水が入り込む可能性があるため、むやみに水に浸けることは危険であることを意味しています。

 

AppleWatchの水に対する説明では

一応AppleWatchは「30分以内で水深1m以内」であれば、水に対して耐えられるとの説明はあります。これはシャワーを浴びるときに付けていたりするくらいなら大丈夫という意味なのですが、それだとしてもさすがにシャワーを浴びるときに付けるのは怖いですよね?

ですから、AppleWatchを少しでも長く使いたいのであれば、水に触れさせることは避けた方が良いです。

  • シャワーを浴びるときには外す
  • 海やプールでは外す
  • その他、水が大量にかかるような状況では外す

ということは徹底するべきです。

 

AppleWatch専用のケースも活用しよう

またAppleWatchを保存する際には、汚れや想定外のトラブルを防ぐために、AppleWatch専用のケースにも入れて守っておきましょう。高級感のあるケースで飾っておけば、それだけでお部屋のインテリアにもなりますよ。

 

通常のAppleWatchケース

Apple Watch ケース(42mm) リキッド・クリスタル 【国内正規品】

AppleWatch

>>公式サイトで確認<<

ぴったりフィットして装着でき、耐久性に優れたリキッド・クリスタルがApple Watchをしっかりと保護します。柔軟かつ耐久性が高いプレミアムTPU素材を採用し、安定したフィット感を誇ります。

 

Apple Watch 42mm対応 極薄フルカバーハードケース

AppleWatch ケース

>>公式サイトで確認<<

前面をフルカバーすることができるのでおすすめ!フルカバーでも画面の感度も問題ないですよ。

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ