スマートフォン解析

パソコン不要!iPhoneでCDを取り込む方法(音楽CD取り込みドライブ活用方法)

パソコンが壊れてしまった! でも、このCDをiPhoneで聞きたい! そんなときもありますよね? 実は、パソコンで音楽を取り込まなくても、iPhoneでCDを聴いたり、音楽を取り込むことができます。 その方法を紹介します・・・

スポンサーリンク

パソコンが壊れてしまった!

でも、このCDをiPhoneで聞きたい!

そんなときもありますよね?

実は、パソコンで音楽を取り込まなくても、iPhoneでCDを聴いたり、音楽を取り込むことができます。

その方法を紹介します。

iPad Pro好評発売中!
送料無料で自宅へ!

↓ 公式サイトをクリック ↓

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

CDをiPhoneで聞くときに必要なもの

CDをiPhoneで聞くときには、音楽取り込みドライブを使います。

iOSに対応しているアクセサリに「アイオーデータ」というものがあり、それを使うと、パソコンを使わずにiPhoneから直接CDの音楽を取り込んで、iPhoneアプリで音楽を楽しむことができます。

>>アイオーデータ iOS&Android対応 音楽CD取り込みドライブをアマゾンで見てみる

iphone

また、そのCDレコWi-Fiを使って、逆に、取り込んだ音楽を、音楽用CD-Rにすることも可能なので、とても便利です。

iPhoneとアイオーデータはWi-Fiでつなげることができます。

そして、音楽の取り込みや再生、書き出しには、「CDレコ」というアプリが必要になります。

 

CDレコWi-Fiで音楽を聴く方法

CDレコWi-Fiを使って、音楽を取り込んでiPhoneで聞く方法を紹介します。

  • 「CDレコ」のアプリをダウンロードする
  • (初回は初期設定を行います。)
  • 「CDレコWi-Fi」の電源を入れる
  • iPhoneの設定<Wi-FiからCDレコWi-Fiヘ切り替える
  • CDを入れて、取り込みを開始する

CDの取り込みが終わると、CDレコのアプリでCDの音楽を聴けるようになります。

※CDレコWi-Fiを使っている間は、通常のWi-Fiが使えなくなります。

また、外出先でCDの取り込みをしたいときは、

  • 携帯用の充電器でUSBが使える物
  • CDレコWi-Fiと充電器をつなぐケーブル

この2つがあると、外出先でも音楽を取り込んでiPhoneで聞くことができます

 

CDレコのアプリを使うときの注意点

CDレコWi-Fiから取り込んだ音楽は、「CDレコ」というアプリで楽しむことができます。

ですが、他のミュージックアプリなどで聞くことができません。

逆にミュージックアプリの曲をCDレコで聞くことができるので、通常はCDレコだけアプリを使っていたらいいことになります。

ですが、実はCDレコはアプリを削除すると、そこに入っていた音楽ファイルが消えてしまいます。

取り込んだ音楽もすべて消えてしまうのです。

また、他のiPodやiPadなどへのデバイスへも、CDレコでは一括管理ができないため、まとめて管理をしたい場合は、パソコンでiTunesを使う必要がありますので注意しましょう。

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ