スマートフォン解析

iPhoneの機種変更でデータ移行をする場合パソコンがないとできない?

iPhoneの機種変更をするとき、データの移行がとても面倒ですが、データをそのまま移さないわけにいかないですよね。 元のiPhoneから新しいiPhoneへすべてのデータを移したい! 方法はパソコンを使う方法と、iClo・・・

スポンサーリンク

iPhoneの機種変更をするとき、データの移行がとても面倒ですが、データをそのまま移さないわけにいかないですよね。

元のiPhoneから新しいiPhoneへすべてのデータを移したい!

方法はパソコンを使う方法と、iCloudを使う方法があります。

2つの方法の違いについて紹介していきます

iPad Pro好評発売中!
送料無料で自宅へ!

↓ 公式サイトをクリック ↓

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

古いiPhoneから新しいiPhoneへ移す流れ

パソコンとiCloudのどちらをうかう場合も、バックアップをとって、復元するという作業をするのは変わりません。

ただ、データ量が膨大な量である場合は、パソコンをオススメします。

パソコンで行うときと、iCloudでバックアップを取るときの違いは以下です。

パソコン(iTunes) iCloud
データ量 パソコンの保存容量による 5GBまで
転送速度 速い 遅い
バックアップ方法 パソコンとつなぐ iPhoneがネットにつながっていたらできる

こんなときは、事前にバックアップをパソコンでとってから機種変更に出かけるといいでしょう。

  • 写真がたくさん入っているとき
  • アプリをたくさんダウンロードしている
  • 動画が入っている
  • 音楽データが入っている

バックアップをしていなかった場合・・・

iCloudに入りきらないぐらいのデータがiPhoneに入っているのに、バックアップしないで機種変更をしに携帯ショップに来てしまった!

はい。そんなおバカなことをしでかしてしまったのは、私です。

でも、その日は新しい機種に変更はしたのですが、その日は、古い機種も持って帰って、後日、携帯ショップに届けることでOKになりました。

ただ、店舗によっては、そういったサービスをしていないところもあるので、「あ!」と思ったら、変更する前に、店員さんに、古い機種を今日のところは持ち帰ることができるかを確認しておきましょう。

下取りでキャッシュバックを受けるときは、特に注意が必要です。

iPhoneはこまめにデータをバックアップしておきましょう。

iPhoneデータ容量が大きなものを購入もできるのですが、こまめにデータをパソコンやiCloudに移すなどするほうがいいです。

データ容量が大きいからと安心はできません。

バックアップによる復元は、機種変更の時だけではありません。

もちろん、紛失や盗難ということも起こりえます。

iPhoneの機種自体は新しいものが購入できるけれど、お金を払っても、データは帰ってこないので、こまめにバックアップをとっておきたいですね。

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ