スマートフォン解析

iPhoneのブルーライトカット無料アプリはある?シートやフィルムで防ぐ方法も

iPhone6s

iPhoneのブルーライトって気になりますよね。特に、暗い部屋でiPhoneの画面を長時間見ていると、目が痛くなってくることもあります。iPhoneって暗いところで見ると、本当に明るいですよね。映画館で通知があったとき、・・・

スポンサーリンク

iPhoneのブルーライトって気になりますよね。特に、暗い部屋でiPhoneの画面を長時間見ていると、目が痛くなってくることもあります。iPhoneって暗いところで見ると、本当に明るいですよね。映画館で通知があったとき、明るすぎてビックリして、慌ててハンカチで巻きました。

ブルーライトは、寝る前に浴びると、脳を興奮させてしまうから睡眠の質が悪くなるため、次の日、スッキリ起きられないなどの良くない影響があるということが、最近話題になりました。パソコンを良く使う人も、ブルーライト対策を施している人も増えていますね。

ブルーライトを防ぐために、ブルーライトをカットするアプリやシートやフィルムなどがありますが、どの方法がオススメなのでしょうか。実際に使ってみたので、その結果を報告します。

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

iPhoneのブルーライトカット無料アプリ

iPhoneのブルーライトを防ぐ無料アプリで人気が高いものは、「視力保護ブラウザ for iPhone」です。

このアプリで画面を見ると、以下のような黄色っぽいブラウザで見ることができます。

iphone

暗い部屋でも、まぶしさは感じず、快適に見ることができます。

ただ、iPhoneのすべての画面がブルーライトカットの状態で見られるのではなく、特定の画面でのみ、ブルーライトカットモードで見ることができます。

  • 検索ホーム
  • Yahoo!ニュース
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Google+

以上のものは、ブルーライトをカットした状態で使うことが可能となっています。つまり、他のゲームアプリやミュージックアプリなどは、ブルーライトカットの状態にはなりませんので、人によっては、「視力保護ブラウザ for iPhone」のメリットを感じることができないかもしれません。

iPhoneのシートやフィルムで防ぐ

iPhoneのシートやフィルムは家電量販店や、docomoやSoftbank、auなどのキャリア携帯などのショップで見つけることができます。

貼るのは簡単だし、手軽に使えるのは大きなメリット。それに、映画館などの暗い場所で、携帯を覗きみるときも、周りに迷惑がかかりにくくなります。

ですが一方で、シートやフィルムにもデメリットはあります。ブルーライトを防ぐためには、どうしても色が入ったフィルムを購入することになります。そうなると、instagramなどSNSで写真を加工してアップするときに、色がわかりにくいんです!

たしかに、「透明のシートを使えばいいじゃん」ってなると思うのだけど、それだと、ちょっとカット率が低くなるから、ヘビーユーザーさん向きではないかも。使っていて、目が楽だなと感じるのであれば、透明フィルムも有効です。こればかりは個人差があります。

私は、iPhoneが薄くなって、それにともなって画面が割れやすくなっているから、中途半端にブルーライトをカットするよりも、画面ガラスの強化保護のほうを優先したいなと感じました。画面が割れては、ブルーライトどころではなくなりますから・・・

★最近は、ブルーライトカットと画面の強化の両方ができる保護フィルムが登場しているようです。私はまだ使ったことがないのですけど、試してみる価値はありそうです。

一番良い方法はこれだ!ブルーライト眼鏡!

いろいろ試してみて、たどり着いたのが、ブルーライトカット眼鏡です。私はこれが一番よかったです。アプリみたいにダウンロードしたり、設定とか面倒でないし、必要なときだけ、かけることができるから、明るい日中は、通常の画面でみられます。

ブルーライトを防ぐ眼鏡は、たとえば、JINSで販売されています。なんと、グラスの部分が黄色いです。

ブルーライト防止眼鏡

外では、この眼鏡はちょっとかけにくいけれど、1つあれば、家でiPhoneを使うときだけではなく、iPadやパソコンなどを使うときも、かけることができるので、とても便利です。かけたり、かけなかったりも自由ですから、画像加工の時も、色が気になることもありません。

アプリもシートもフィルムも、使うデバイスがたくさんあればあるほど、アプリをダウンロードしなくてはいけないし、シートやフィルムはデバイスの数だけ買わなければいけないので、いろいろな面で眼鏡はお得です。

まとめ

iPhoneでブルーライトをカットする方法には、

  • アプリを入れる
  • シートやフィルムをiPhoneの画面に貼る
  • 眼鏡をかける

がありました。

それぞれのメリットとデメリットを簡単にまとめると・・・

メリット デメリット
アプリ ブルーライトカットのオン・オフができる ・特定のページ(アプリ)のみブルーライトを防げる(無料アプリ)

・設定が面倒(有料アプリ)

シート

フィルム

貼るだけで、ブルーライトを常に防ぐことができる 写真の加工などのときに、色味がわかりにくくなる
眼鏡 たくさんのデバイスに使える 眼鏡をかけているときしか、ブルーライトを防げない

参考にしてみてください!

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ