スマートフォン解析

iPhoneで文字入力できない・フリーズ・遅い時の対処方法

iPhone6s

iPhoneで文字入力をしていたら、フリーズしたり、遅くなったりすることはないですか? 友だちにLINEで返信をしようと思ってたのに、文字入力に手間取ってイライラするっていうことが私も最近何度かありました。 今回の記事で・・・

スポンサーリンク

iPhoneで文字入力をしていたら、フリーズしたり、遅くなったりすることはないですか?

友だちにLINEで返信をしようと思ってたのに、文字入力に手間取ってイライラするっていうことが私も最近何度かありました。

今回の記事では、iPhoneを使っていてフリック入力が遅くなったり、できなくなってしまった時にどう対処すればいいのかについてご紹介していきます。

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

文字入力ができない時やフリーズする時にチェックすべきポイント

文字入力ができなかったり、フリーズや遅いというときは、以下の項目を1つずつチェックしてみてください。

  • 日本語(Null)の削除
  • iPhoneのキーボードをリセット
  • iPhoneを再起動
  • iOSが最新のバージョンになっているか

日本語(Null)の削除

iPhoneのキーボードの設定で日本語Nullが入っていると、不具合が起きる場合があります。

設定のアプリから、「一般>キーボード>キーボード」から、日本語(Null)があれば、画面右上の「編集」をタップして削除してください。

日本語入力がない場合は、「新しいキーボードを追加」から設定することができます。

iPhoneのキーボードをリセット

文字入力がフリーズしたり、反応が悪い場合、学習データベースに問題がある場合が多いです。ですので、iPhoneのキーボードの変換学習リセットをして、電源の入れ直しをします。

キーボードの変換学習のリセット方法は、設定のアプリから「一般>リセット>キーボードの変換学習をリセット」でおこなうことができます。

ただ、キーボードの変換学習リセットをすると、予測変換の学習履歴がなくなってしまい、キーボードが使いにくくなってしまう可能性があります。日常生活の普段使い程度であれば、リセットしても問題はありません。

ちなみに、キーボードの変換学習理リセットによって、辞書に登録していたものは削除されません。

まれに、辞書に長い文章を登録していると、反応が遅くなることもありますので、その場合は、該当する単語を一度削除してください。

iPhoneを再起動する

iPhoneの多くの不具合は、再起動することで正常に戻ることが多いです。

<再起動のやり方>

電源ボタンを長押しして、一度電源をOFFにしてください。そして、その後、再度電源ボタンを長押しして、再起動してください。

私もアプリゲームをやったりするのですが、ずっと起動したままだと重くなってしまうことがあります。その時でもiPhoneを再起動することで解決できるってことがありました。

iOSのバージョンを最新にする

iOSのバージョンによっては、キーボードの動作の不具合があったものも過去に報告されています。

バグでの不具合のときは、修正されたものが出ますので、iOSを最新バージョンにしてみましょう。

まとめ

以上の4つの方法で、たいていの場合は、文字入力のトラブルを解決することができます。

それでも解決ができない場合は、Appleのサポートに問い合わせをすると、早く解決することができます。以下のページがAppleのサポートページなので、そちらからお問い合わせをしてみると良いですよ。

⇒ https://getsupport.apple.com/

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ