スマートフォン解析

iPhone6S・6Splusカメラの音を消す・鳴らないようにする方法(小さく・変更)

iPhone6s スクリーンショット

iPhoneのカメラは、日本とそのほか数か国では、音を消すことができない設定になっています。ですが、アプリやちょっとした裏技で音を消すことができます。 レストランとか、カフェで写真を撮りたいけれど、カメラの大きな音がなる・・・

スポンサーリンク

iPhone6s カメラ

iPhoneのカメラは、日本とそのほか数か国では、音を消すことができない設定になっています。ですが、アプリやちょっとした裏技で音を消すことができます。

レストランとか、カフェで写真を撮りたいけれど、カメラの大きな音がなると恥ずかしいですし、マナーが悪いですよね。そんなときに使ってください。

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

カメラの音を鳴らないようにする方法3つ

iPhone6Sや6S Plusでは、カメラの音を鳴らないようにできる方法は3つあります。

  • アプリを使う
  • 動画撮影で静止画を撮る
  • 裏技!ミュージックアプリを使う

では、詳しく紹介しましょう。

アプリを使う

音が鳴らないようにするのなら、カメラアプリを使うのが一番確実です。カメラアプリは、手ぶれ防止や修正機能、美肌機能、連写などの機能があります。

人気が高いカメラアプリは以下の通りです。

Stage cameraHD

一番人気があり、100万ダウンロードを突破しているカメラアプリが、Stage cameraHDで、評価も高いです。iPhoneのサイレントスイッチを入れるだけで、カメラの音を消すことができるので、とても簡単で手軽です。

無料で使えるし、解像度も高く、ズームもできるし、動画撮影も可能なので、このアプリ1つあれば、撮影には困りません。

One Cam

有料アプリだけれど、iPhone6や6S Plusなら、ぜひ入れておきたいのがOne Camです。シャッター音が鳴らないようにできることや、解像度が良いことはもちろんですが、ズームや明るさ調整、タイマー連写も可能ですし、なにより3D Touch対応です。

写真を撮影したら、すぐにInstagramやTwitterなどのSNSに投稿する人が多いと思いますが、そういったアプリにすぐに投稿が簡単なフリック操作で、できるところが魅力です。

無料でアップデートを続けてくれているなど、対応の良さもあり、大きなメディアや人気サイトでも良く紹介されています。

動画撮影で静止画を撮る

iPhoneでは、動画を撮ることができますよね。そのときに、静止画も一緒に撮影できることは、ご存知でしょうか?

動画を撮影途中に、白丸のアイコンがでてきますので、それをタップすると、シャッター音なしで、写真撮影ができます。

ipod79

注意点は、動画の撮影はじめと、撮影終わりに、音が鳴ってしまうことです。ですが、写真のシャッター音よりは、音は穏やかです。

裏技!ミュージックアプリを使う

ミュージックアプリを経由させることで、カメラの音を鳴らないようにすることもできます。ただし、この方法は、バグによって、カメラの音が消えてしまうだけなので、アップデートによって、できなくなってしまう可能性もあります。

やり方は以下のとおりです。

  • ミュージックアプリを起動します。
  • 曲を再生させます。
  • その時に、音のボリュームを最小にしてください。
  • ボリュームを最小にした状態で、カメラアプリを開けます
  • いつも通りにカメラを使ってただくと、無音の状態で撮影することができます。

ただ、正しい使い方ではありませんし、場合によっては鳴ってしまうこともあるので、あまりオススメはできない方法です。

まとめ+Tips

カメラアプリのシャッター音を鳴らないようにするためには、カメラのアプリを利用して、音を消すのが一番確実ですので、オススメの方法です。

iPhoneのカメラのシャッター音は、日本で販売されているものはなりますけれども、アメリカなど、海外で販売されているものは、シャッター音をつけたり消したりが自由にできる仕様になっています。ですので、端末を海外で購入すると、シャッター音を自由に消したりつけたりできるものが手に入ります。iPadも同様です。

ただ、カメラのシャッター音1つでここまでするより、やっぱりアプリを入れたほうが早いですけどね。

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ