スマートフォン解析

iPhone7sの発売日&予約日大胆予想!機能やサイズはどうなる?

ipod90

iPhoneの新情報をここ最近続々と聞くようになりました。今、これを書いている時点では、iPhone7もまだなのに、なにやら、iPhone7sやiPhone8の動向を予想しているソースがたくさん出ています。 iPhone・・・

スポンサーリンク

iPhoneの新情報をここ最近続々と聞くようになりました。今、これを書いている時点では、iPhone7もまだなのに、なにやら、iPhone7sやiPhone8の動向を予想しているソースがたくさん出ています。

iPhone7以降はどうなるのでしょうか?

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

iPhone7sは全部ガラスってどういうこと?

iPhone7sでは、デザインがガラスになると予想されています。これは、世界的にも、スマホの競争が激しくなってきていることもあり、他の競争相手に負けないためにも、Appleでは、デザインで、周りとの差別化をはかろうとしているようです。

ただ、ボディがガラスとなると、それだけ衝撃にも弱くなるため、まだ問題も山積のようです。私としては、iPhone6で薄くなって、画面が割れやすくなったことへも不満があったので、全部ガラスになるとしたら、私はあまり歓迎できないなと個人的には思っています。

ボ ディをガラスにすることを意識してなのか、落下を感知すると、自動でバンパーが出てくるシステムの特許をAppleが取得しています。技術的にはすごいで すけれど、そこまでしてデザインを追求しなければいけないのか?という疑問があります。あまり実感はないですけど、スマホ市場って競争が大変なんですね。

Appleの商品は、使いやすさと、デザインが両方あるからこそ、多くの人に愛されていると感じるので、デザイン重視になり過ぎないようにしてもらいたいなと思います。

ディスプレイが変わる?!

iPhone7s では、ディスプレイが変わると言われています。Ming-Chi Kuo氏によると、ディスプレイを軽量化するために、AMOLEDという有機ELが導入されるそうです。Appleはサムスンと、AMOLEDの技術につ いての契約をしたということがわかっており、iPhone7sでは、その技術が導入されることになりそうなのです。

ちなみに、AMOLED というのは、自ら発光し高コントラストで表示できるところが特徴です。反射させたり、バックライトをつけたりする必要がないので、薄型・軽量化ができるこ とが特徴です。

また、ゲームや動画などを見ているとき、ブレが生じにくくなるというメリットがあります。一方で、太陽の下では画面が見にくいなどのデメリットがあります。

AMOLEDにすることで、さらにiPhoneを薄くしようという狙いがあるのでしょうか?どこまで薄くできるのか、ワクワクしますね。

 そのほかのバージョンアップ

Apple は、ワイヤレス機能のやバイオ認証の開発に取り組んでいるというのがあって、ワイヤレス機能では、イヤホンジャックがなくなるのではないかといわれていま す。また、指紋認証などの、バイオ認証では、指紋だけでなくて、顔認証ができるようになるのではないかと、期待が高まっています。

また、iPhone7sでは、サイズも大きくなることも示唆されており、5.8インチになるのではないかと書かれたソースがありました。まだ、はっきりとした根拠はありませんので、噂でしかないですけれど、そんなに大きくなったら、もうポケットには入りませんね。

iPhone7sの販売時期

iPhone7sの販売時期は、2017年の9月だと予想されています。これまでずっと、9月の登場ですので、販売時期が変わる可能性は小さいでしょう。

iPhone7も2016年に登場するので、どのタイミングでiPhoneを買い替えるのか、迷いますね。新しいのを待っていたらいつまでも、機種変更できなくなってしまいますので、タイミングを見計らって、変更したいと思います。

まとめ

iPhone7sについて、情報をキャッチしたのでシェアしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

iPhone7sの登場が楽しみですね。2017年9月に登場することが予想されますが、はたして、ボディ全体がガラスになるのか、今まで通りになるのか、そのデザインが気になります。

また、毎年改良されている、カメラ機能も期待していますし、最近は、インスタグラムなどで、写真だけでなく、ショート動画をシェアするのもユーザーの楽しみの1つになっているので、今度は動画の機能の追加とかないかなと思っています。

では、iPhone7sについての情報をまたキャッチしたら、こちらでシェアしていきますね!お楽しみに!

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ