スマートフォン解析

格安SIMのサイズは3種類!やっぱりnanoがお得?

格安スマホは機種によって、対応できるSIMのサイズが違いますね。 SDカードもいろいろなサイズがあって、面倒だなあと思っていましたが、SIMもですか・・・と正直やれやれです。 でも、サイズが合わなかったらどうしようという・・・

スポンサーリンク

格安スマホは機種によって、対応できるSIMのサイズが違いますね。

SDカードもいろいろなサイズがあって、面倒だなあと思っていましたが、SIMもですか・・・と正直やれやれです。

でも、サイズが合わなかったらどうしようという心配は不要です!

格安SIMのサイズについて紹介するとともに、選ぶべきSIMサイズをこっそり教えます。

iPad Pro好評発売中!
送料無料で自宅へ!

↓ 公式サイトをクリック ↓

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

格安SIMのサイズ

格安SIMのサイズには3種類あります。

  • 標準(mini)
  • micro-SIM
  • nano-SIM

サイズの違いですが、こんな感じです↓

サイズ

左から標準、micro-SD、nano-SIMです。

持っている端末に対応するSIMを選ばなければなりませんが、たまにnano-SIMの扱いがないところもありますのでご注意くださいませ。

新しい端末は、端末自体が薄くなっている傾向にあるので、micro-SIMやnano-SIMに対応したものが多いです。

特に2015年に出ているモデルは、nano-SIM対応のものばかりなので、今後は各社MVNOでも増えていくのではないかなと思っています。

nano-SIMにしておくといい理由

端末を変更して、もし、SIMの対応のサイズが変わったら・・・

また契約し直し??という疑問もあるのではないでしょうか?

会社によって対応は若干異なりますが、手数料が必要なところも多いです。

格安SIMなのに、SIM交換に手数料を取られてしまうのも切ないですよね。

ですので、最初からnano-SIMを選んでおくといいです。

SDカードでも、micro-SDなどは、それよりも大きなSDにはめて使うことができましたよね。

SIMも同じで、カバーをつけることで、小さなSDは大きなSDとして使うことができます。

それには、「SIMカードアダプター」というカバーを使ってサイズを変えます。

SIMカードアダプターとnano-SIMがあることによって、いろいろなサイズに自由自在に変えられるので、とても便利です。

SIMカードアダプターは、安く購入することができるので、端末の変更予定があるなら、nano-SIMにしておくといいですよ。

 

前のページ → 格安SIMが使えるスマホ端末の見分け方

次のページ → 最適な格安スマホの選び方

 

<格安SIM・格安スマホの基礎知識>

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ