スマートフォン解析

SMS利用可能の格安SIMの特長!セルスタンバイを回避できる?!

キャリアのメールアドレスは持っていても、使っていないという人も多いのではないでしょうか? とはいっても、すべてのやり取りをLINEなどのアプリで済ませてしまうこともできないし・・・ そして問題なのが、SMSをつけないデー・・・

スポンサーリンク

キャリアのメールアドレスは持っていても、使っていないという人も多いのではないでしょうか?

とはいっても、すべてのやり取りをLINEなどのアプリで済ませてしまうこともできないし・・・

そして問題なのが、SMSをつけないデータ通信だけの格安SIMはセルスタンバイ状態になり圏外になる?!

え?!いったいどういうこと?本当のところを教えて!

SMSが使える格安SIMについて紹介します。

iPad Pro好評発売中!
送料無料で自宅へ!

↓ 公式サイトをクリック ↓

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

SMSとは?

SMSというのは、スマホの電話番号でショートメッセージのやり取りができるサービスです。

格安SIMでSMSを利用する場合は、オプションで付けることも可能な場合も多いです。

アプリでSMS認証が必要な場合もあるので、スムーズに登録したいという人は、SMSのサービスをつけておかれると便利です。

SMSをつけるとセルスタンバイ状態を回避できる?!

格安SIMを選ばれるとき、一番価格を抑えるとしたら、データ通信のみにする方も多いのではないでしょうか?

その時に、気を付けて頂きたいのが、セルスタンバイにならないかということです。

データ通信のみのSIMは音声通話回線にはつながりません。

当然ながら、音声通話に対応していないSIMなので、音声通話回線を行うための電波は拾うことができないのですが、端末によっては、それを圏外だと思って、電波を探し続ける状態になってしまうものもあるのです。

電話回線の電波が入るわけないのに、電波がない!ない!と探し続ける状態のことをセルスタンバイと言います。

セルスタンバイの何がいけないのかというと、端末が電波を探し続けることによって、電池が消費されてしまうことと、セルスタンバイ状態の表示が出続けるということです。

それを回避するために、SMS対応のSIMを入れます。

ただ、セルスタンバイ問題が起こってしまっても、ネットには問題なくつながるし、特に電池が減ることも気にならないし、表示も別に気にしないという場合は、SMSをつけなくても、試用することができます。

SMSのオプションをつけるのは結局なんのため?

最近は大抵のメッセージのやり取りは、LINEで済ませてしまう人が多いですよね。

LINEの既読を嫌っていたり、LINEのアプリを入れていないという以外は、特に活躍しない機能です。

そして、アプリのSMS認証が必要とはいっても、今まであまり出会ったことがないのではないでしょうか?

アプリでSMS認証が必要なものの代表といえば、ポイントアプリです。

ポイントをiTunesカードなどと交換するときに不正がないようにするためにSMS認証が使われています。

ですので、アプリの認証でSMSが使われるのは、あくまでも例外的です。

でも、なぜ、格安SIMを扱うところでは、どこでもSMSのオプションを150円ぐらいでつけているところが多いのでしょうか?

それは、セルスタンバイ状態回避のためです。

セルスタンバイになってしまう機種もありますし、電池の減りが速いのはストレスも多いですので、オプションがつけられているというわけです。

特にメインに考えるべき内容ではないですし、必要だったら後からでも追加できるので、「必要なのか?!」と心配する必要はあまりありません。

 

前のページ → 音声通話付きSIMの特長

次のページ → IP電話付きSIMの特長

 

<格安SIM・格安スマホの基礎知識>

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ