スマートフォン解析

WiMAX2+が使える地下街の一覧

WiMAX2+は地下街で使えるところも増えています。 特に、関東エリアでは、WiMAXよりもWiMAX2+のほうが使えるところが断然多く、WiMAX2+にするメリットは大きいと思います。 iPad Pro好評発売中!送料・・・

スポンサーリンク

WiMAX2+は地下街で使えるところも増えています。

特に、関東エリアでは、WiMAXよりもWiMAX2+のほうが使えるところが断然多く、WiMAX2+にするメリットは大きいと思います。

iPad Pro好評発売中!
送料無料で自宅へ!

↓ 公式サイトをクリック ↓

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

全国のWiMAX2+が使える主な地下街一覧

 エリア  場所
 北海道  札幌オーロラタウン
 札幌ポールタウン
 札幌JRタワー地下鉄
 関東  八重洲地下鉄
 渋谷地下街ちぶちか
 JR東京駅八重洲北口1F、B1F キッチンストリート、黒塀横丁
 ウィング新橋
 池袋東武ホープセンター
 小田急エース
 新宿サブナード
 横浜地下街 ザ・ダイアモンド
 相鉄ジョイナス
 横浜ポルタ
 川崎アゼリア
 中部  セントラルパーク地下街
 名鉄地下鉄サンロード
 ミヤコ地下街
 エスカ地下街
 ユニモール地下街
 メイチカ
 地下鉄 栄 森の地下街
 関西  京都 COCON 烏丸
京都ゼスト御池
 神戸さんちか
 神戸デュオこうべ
 クリスタ長堀
ホワイティうめだ
 DOTICA
 なんばウォーク
 NAMBAなんなん
 あべちか
 福岡 博多駅地下街

※WiMAXホームページ参考(2015年6月現在)

注意点

  • サービスエリア内でも通信速度が低下したり、つながりにくい場合もあります
  • 上の表以外でも、吹き抜けがあったりなど、電波が拾えるところでは使える場合もあります
  • UQ Wi-Fiでつながる場所もあります

WiMAXは四方を囲まれてしまうような屋内だと、電波が拾いにくいタイプです。

ただ、電波がちゃんと入る状態であれば、とてもサクサクと快適に使うことができます。

屋内でもできるだけ窓際で使われると電波が拾いやすいです。

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ