スマートフォン解析

格安SIMが使えるスマホの見分け方!中古で買うのも怖くない!

格安SIMが注目されていますが、端末はいいものをなるべく安く購入したい!と中古市場も注目されていますよね。 中古スマホを購入するメリットとデメリットと購入するときの注意点について紹介します。 iPad Pro好評発売中!・・・

スポンサーリンク

格安SIMが注目されていますが、端末はいいものをなるべく安く購入したい!と中古市場も注目されていますよね。

中古スマホを購入するメリットとデメリットと購入するときの注意点について紹介します。

iPad Pro好評発売中!
送料無料で自宅へ!

↓ 公式サイトをクリック ↓

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

中古スマホを購入するメリット

中古スマホは、通常よりも安い価格でハイスペックな端末を購入できるところが大きなメリットです。

中古スマホには、キャリアで販売されているような端末もあります。

特に注目しておきたいのが、「白ロム」と言われるSIMカードが抜かれた状態で販売されている端末です。

白ロムを扱ってるネットショップもたくさんあるので、探してみましょう。

ドコモのものであれば、SIMを入れ替えれば利用できるものもあるので、購入前にチェックしてみましょう。

中古スマホを購入するデメリット

中古スマホは、やはりデメリットもあります。

一番注意しておきたいのが、「赤ロム」と呼ばれる端末です。

赤ロムというのは、端末の前の所有者が端末代を払い終わっていないため、ネットワークの通信に利用制限がかけられてしまっているもののことを言います。

赤ロムかどうかチェックしないで販売している業者もあるので、実店舗で購入するほうが安全かもしれません。

ネットで購入する場合は特に、交換などの補償をいっさいしてくれない場合も多いです。

中古スマホをどこで購入するか?

中古スマホは、実店舗、ネットショップ、オークションなどで入手ができます。

まず、使ってはいけないのが、オークションです。

状態が悪い場合も多いので、注意が必要です。

赤ロムになっていても、申告義務はないので、泣き寝入りというパターンになる可能性は十分にあります。

信頼できるネットショップや店舗があるところで購入しましょう。

製造番号がわかるなら・・・

実は、赤ロムかどうかをチェックできるサービスがあります。

au、ドコモ、ソフトバンクのキャリアのスマホであれば、赤ロムかどうかをチェックすることができるのです。

端末の製造番号を入力すると、赤ロム端末の可能性がチェックできるので、中古端末でキャリア3社から出ているものを購入する時は、自分でも一度チェックしてみるといいですね。

ちなみに、アプリでも「赤ロム検索」というものがあって、バーコードを読み取らせると、チェックできる画期的なツールがあります。

ぜひ、気に入った端末を安く購入して快適に格安SIMライフをおくりたいですね!

購入のチェックポイント

  • 白ロムを選ぶこと
  • SIMの入れ替えができるか
  • 赤ロムでないか
  • SIMの規格が対応しているものかどうか(LTEが使えるかなど)

ちなみに、U-mobileが使える端末についてのリストはこちら

 

前のページ → 格安スマホにすると利用できないサービス

次のページ → 格安SIMのサイズ

 

<格安SIM・格安スマホの基礎知識>

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ