旅行の時だけ、スマホレンタルしたい! 最近は、スマホだけではなく、タブレット端末までレンタルができてしまう時代!! 今回は、スマホのレンタル方法と、対応業者を紹介します。 記事は下に続きます。 スポンサーリンク 目次クリ […]

スポンサーリンク

旅行の時だけ、スマホレンタルしたい!

最近は、スマホだけではなく、タブレット端末までレンタルができてしまう時代!!

今回は、スマホのレンタル方法と、対応業者を紹介します。

記事は下に続きます。

スポンサーリンク

VOD比較

レンタルの種類

スマホレンタルと言っても、実は、

  • スマホの端末レンタル
  • SIMレンタル

があります。

端末のみを借りることもできるし、SIMカードのみを借りるということも可能です。

SIMカードのみを借りる場合は、例えば、海外から日本に一時的に帰国している場合に、SIMフリーの端末を持っていた場合にSIMカードのみのレンタルをする人もいます。

スポンサーリンク

主なレンタル方法

スマホの端末レンタルは、細かいところは業者さんによって、多少異なるところがあるので、ぜひ、レンタルするときに、ホームページで確認する必要がありますが、主なレンタル方法は以下になります。

  1. 希望の端末をホームページから選択する
  2. 本人確認書類の郵送
  3. 利用料金の支払い
  4. 商品が発送されてくる

このような流れになります。

本人確認は、サービスの種類によって、必要だったり、必要でない場合もあります。本人確認が必要になる場合は、すぐにレンタルができないことも考えられるので、早めに申し込みをすることが重要です。

通話回線を利用する場合に、本人確認が必要になるケースが多いようです。

スポンサーリンク

レンタルするときの注意点

事務手数料

レンタル料金や月額使用料のほかに、契約時に事務手数料や初期費用がかかる場合もあります。書かれているレンタル料金や月額使用料が安いからと、安易に飛びつかないように、気をつけましょう。思わぬ出費となってしまうこともあるので、契約まえに、しっかりをチェックすることが重要です。

手数料が安いところでいうと、日額レンタル方式を採用しているところです。ただ、自分に必要なサービスを利用することが大事なので、手数料が安い場合、必要なサービスをオプション別途つける必要があり高額になってしまう場合もありますので注意しましょう。

含まれるもの・含まれないものを確認する

プランを選ぶ場合、パケット料金や通話料金が月額に含まれているのか、含まれていないのかを確認しましょう。含まれない場合は、利用できなかったり、別途請求されます。定額で使い放題でない場合は、利用しすぎると、高額な請求が来ることもありますので、使った分を支払う方式なのか、使い放題なのかもチェックしましょう。

保証プランは入るべきか

レンタルサービスの場合、多くは保証プランのオプションがあります。保証プランに入るべきか悩むところですが、無くしてしまったり、うっかり水没させてしまったりすると、端末やSIMの代金で高額な請求がきてしまうこともありますので、心配な場合は、保証のオプションをつけておくと安心に繋がります。

スポンサーリンク

対応業者一覧

業者一覧 特徴
エクスモバイル スマホやタブレット端末、ガラケーのレンタルをおこなっている。スマホの端末の種類が多く、au、docomo、Softbankの端末を利用できる。端末ごとに料金が異なるが、サイトがとても見やすくて、料金設定がわかりやすい。ただし、月単位のレンタル料金の表示がなく、全て1日単位の料金表示なので、長期利用には向かない。短期利用向き。料金的には少し高めだが、サービス内容は良い。東京23区であれば、バイク便の利用ができ、レンタル、返却もスムーズ。
グッドモバイル スマホやタブレット端末のレンタルをおこなっている。そのほかにも、ガラケーSIMカード、Wi-Fiのルーターレンタルにも対応していて、海外に対応しているタイプも取り扱っていて、機種も豊富なところが特徴。1日からでもレンタル可能で、13日以上のレンタルになる場合は、料金が一律になる。1ヶ月以上利用したい場合は、月額プランへの変更も可能。請求書や領収書はメールで送られてくるため、書面での受け取りができない場合にも便利。
フェザーズ(FEATHER’S) 月単位でのレンタルを希望している場合に便利。1日単位の料金表がないため、レンタルは長期間が基本。Wi-Fiを持っている場合は、パケットのプランをつけないで、かけ放題プランのみにすると、月額利用料金を1万円以下に抑えることも可能。そして、初月は、初期費用の料金で利用できるのがお得。
エイザス(A’sas) 電話のかけ放題プランが付いていて、定額で利用できるところが魅力の業者。月額料金に通話料金が含まれているので、支払いの計画がしやすい。初期費用が1万円と少し高めの設定だが、定額プランが利用できるため、その分魅力も高い。回線はdocomoとsoftbankの利用ができる。
レンタルモバイルドットコム 長期間でのレンタルを希望している場合のみ利用できる。4ヶ月以上からの契約になり。それよりも期間が短い場合は、解約ができるのだが、解約手数料として5000円が発生する。プランによって異なるが、毎月の使用料を1万円以下にすることもできるものもある。スマホを使いたいが、色々な事情でキャリアと契約ができない場合に、長期で利用しやすい業者。auまたはdocomoの回線を利用することができます。
PUPURU スマホ、ガラケー、Wi-Fiのレンタルができる。そして、テザリングの利用が可能なのが特徴。プランがユニークで、5日間、10日間、15日間、20日間、30日間のレンタル期間のプランがある。利用日数によっては、お得に利用できる。

シチュエーション別にオススメを紹介しておくと・・・

  • 短期レンタルも長期レンタルも万能なのは、グッドモバイル
  • 短期レンタルで良いサービスを望むなら、エクスモバイル
  • Wi-Fiを持っていて長期利用するなら、フェザーズ
  • 通話をたくさんするなら、エイザス
  • テザリングするなら、PUPURU

です。

迷った場合は、グッドモバイルがオススメです。

最後に

レンタルスマホのサービスは、レンタル業者がdocomoやauやsoftbankと契約しているスマホを借りて使うという仕組みになっています。

ですので、レンタルスマホって、回線が遅いのかなという心配もなく、キャリアの回線で動画もサクサク見られるので、ぜひ、便利に利用したいですね。

sponsored link