スマートフォン解析

iPhone8の発売予想は2017年9月?全画面液晶搭載デザインとの噂も

90

iPhone7が出たばかりの現在、すでに多くのAppleファンの間では、次のiPhone8の話題でもちきりです。 なんと、今度のiPhone8のデザインがすごく斬新で、海外では、アイアンマンのスマホみたいって言われていま・・・

スポンサーリンク

iPhone7が出たばかりの現在、すでに多くのAppleファンの間では、次のiPhone8の話題でもちきりです。

なんと、今度のiPhone8のデザインがすごく斬新で、海外では、アイアンマンのスマホみたいって言われています。筆者も、iPhone8のデザインの写真をみたのですが、確かに、何かのSF映画で出てきそうなものでした。

今回は、iPhone8の発売日やデザインについて紹介していきます。

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

iPhone8の発売日はいつ?

iPhone8の発売日は、2017年9月とか、2018年9月だとか、いろいろな情報がありますが、これまで2年スパンで出ていることを考えると、2016年にiPhone7が出ているので、2018年にiPhone8が出るでしょう。

ただ、今回iPhone8のデザインなどの情報が出るのがとても早いです!発売予想日から逆算して、2年も前にこれだけの情報が出ているって・・・もしかすると、1年繰り上げになるのかな?と、いろいろな憶測が飛び交っています。

iPadの売り上げが落ちついてきてしまっていますし、調査では、タブレットの必要性を感じない人も増えているそうなので、iPhoneの発売日が早まる期待がありますね。

ただ、依然として、2018年が発売予定というのが有力

全画面液晶搭載?

Appleの発表では、iPhone8では、有機ELディスプレイが採用されるという情報がありました。

その有機ELディスプレイですが、フレキシブル有機ELディスプレイと呼ばれていて、なにやら、曲げ延ばしたりすることもできるし、何より薄いのが特徴なのです。

iPhone6以降、薄くなったのはいいけれど、画面がバリバリになっている人も、よく見かけるようになりましたよね。私も、iPhoneの画面に高い強化ガラスを貼るように、Softbankの定員さんに勧めらて、しぶしぶ買いました。

でも、iPhone8から、フレキシブル有機ELディスプレイになることによって、落としても割れにくくなるでしょうね。通常使用での落下事故程度なら耐えられる強度には、最低でもしてほしいものです。

結局、スマホにブックカバータイプのカバーケースをつけなければならないなら、頑張ってiPhoneを薄くしてもらっても意味がないですから。

iPhone8の先進的なデザインとは?

Gadget Insiderによると、iPhone8のデザインは非常に斬新!

背面はこんな感じ。

90

画面はこんな感じ

91

ホームボタンに四角のマークが帰ってきている!!昔はボタンにこのマークがありましたね。

なんか、ホームボタンが大きく見えるのは気のせいでしょうか・・・?

ちなみに、色違いのシルバーのデザインがこちら↓

92

シルバーのデザインもカッコイイですね。Appleのりんごマークのブルーがすごく映えてる!

ちなみに色は、5色展開で、ブラック、シルバー、ホワイト、ピンク、バイオレットだそうです。ブラックを基調としたデザインで、洗練されたイメージですね。

iPhoneで以前から人気だったゴールドはなくなるんでしょうかね・・・

iPhone8で一番注目されているのがレーザーキーボード

iPhone8がアイアンマンiPhoneと言われる理由が、レーザーキーボードです。

93

こんなことができちゃうんだ!と驚きなわけですが、これは確かにアイアンマンの世界ですね。

ブラインドタッチはできないけれど、これだったら、小さなスマホでも、外にキーボードが出る分、画面は見やすいでしょう。

Bluetoothで別売りのキーボードを連携させなくてもよくなるかもしれません。

まとめ

iPhone8の発売日やデザインについては、これからきちんと、いろいろ決まって行くと思うので、実際に販売される頃には、もう少し、デザインなどが変わっているかもしれません。

ホームボタンは、画面の大きさに対して明らかに大きすぎですから、また微調整されていくことでしょう。iPhone8は、これまでとは全然ちがうiPhoneになりそうで、楽しみですね。

スペックなども、また情報があればこちらで紹介するので、ぜひ、ブックマークしておいてくださいね!

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ