スマートフォン解析

WiMAX2+は田舎でも使えるの?実際に検証してみた

WiMAX2+は急速に使えるエリアが拡大していますが、電波がひろいにくい・・・という声が聞かれることもありますよね。 うちの家、田舎だけどちゃんと使えるのかな・・・ ご自宅がエリア範囲なのか?そして、実際に使えるのかをチ・・・

スポンサーリンク

WiMAX2+は急速に使えるエリアが拡大していますが、電波がひろいにくい・・・という声が聞かれることもありますよね。

うちの家、田舎だけどちゃんと使えるのかな・・・

ご自宅がエリア範囲なのか?そして、実際に使えるのかをチェックする方法を紹介します。

iPad Pro好評発売中!
送料無料で自宅へ!

↓ 公式サイトをクリック ↓

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

自宅がエリア範囲かどうかをチェックする方法

自宅がエリア範囲かどうかは、UQ WiMAXの公式ページにアクセスして、エリア診断すると出てきます。

まず、こちらにアクセス→ エリア診断

そして、次にピンポイントエリア判定する。

WiMAX2+

そして、ご自身がお住まいの住所や、よく使う場所の住所を入力します。

すると、判定が出ます。

実際に、私も自分の住所を入力して調べてみました。

田舎だけど、電波入るかしら・・・

WiMAX2+

さ・・・三角かい!

ということで、私の自宅は電波状況がよろしくないことがわかりました。

とはいっても、諦めきれない!!

もしかしたら、うまく使えるかも・・・

でも、クーリングオフができないからいきなり契約するのは怖いですよね。

そんなときに便利なのが、レンタルです。

UQ WiMAXはレンタルが可能

UQ WiMAXは、無料で15日間だけだけれどレンタルをすることができます。

Try WiMAX2+というプランになります。

レンタルの手続きをするには、クレジットカードが必要ですが、手続きも簡単にレンタルを行うことができます。

実際に電波状況が△圏の私の自宅に取り寄せてみると・・・

やっぱり、ちょっと遅かったです。

ピンポイントエリア判定は、けっこう正確に出るんだなという印象でした。

自宅近くで、私がよく利用するカフェの住所を入れてみたら、こんな感じでピンポイントエリア判定が〇だったんですが↓

WiMAX2+

そこではサクサクでした~♪

ただ、WiMAX2+は四方をすべて壁に囲まれている場所であったりすると、いくらピンポイントエリア判定がよくても、電波状況は悪くなる場合もあります。

これは仕方がない。

私の自宅で、部屋によっても電波の入りやすさは違いました。

実際に、契約をされるときは、まずは、レンタルしてみて動作環境をチェックしてから購入されるといいです。

電波状況が△の私の自宅では窓にWiMAX2+を貼り付けて電波を拾っていました。

ちなみに、WiMAX2+のレンタルについて詳しくはこちらから

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ