スマートフォン解析

IP電話付きSIMの特長!確認のポイントはココ!

格安スマホで通話もできるようにしたい! でも、価格はしっかり押さえたい! そんな欲張りさんにお勧めなのが、IP電話付きのSIMです。 大手キャリアの電話と何が違うのか、メリットとデメリットについて紹介します。 iPad ・・・

スポンサーリンク

格安スマホで通話もできるようにしたい!

でも、価格はしっかり押さえたい!

そんな欲張りさんにお勧めなのが、IP電話付きのSIMです。

大手キャリアの電話と何が違うのか、メリットとデメリットについて紹介します。

iPad Pro好評発売中!
送料無料で自宅へ!

↓ 公式サイトをクリック ↓

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

IP電話とは?

IP電話とは、インターネットの回線を使った電話のことをいいます。

IP電話付きのSIMでは、とにかく安い!という理由で、『050 plus』というIP電話アプリがよく使われています。

050 plusというアプリを使うことによって、050から始まる番号にはなってしまいますが、問題なく音声通話をすることができます。

IP電話のメリット

  • キャリアの通話料よりもずっと安く通話ができる
  • 安い割に通話の音質がよい

大手キャリアの通話料金に比べたら激安なのですが、通話には困りません。

聞きとりはいいのですが、タイムラグがあるのがちょっと惜しいです。

テレビ電話をしたときぐらいのタイムラグはありますが、そこまで問題ではありません。

IP電話のデメリット

  • フリーダイヤルにかけられない
  • IP電話のアプリを常駐させておかなければならない
  • 固定電話にかけたとき、非通知になる
  • ネットの申し込みで電話番号を書くときにはじかれることがある

IP電話はフリーダイヤルがかけられないのが、少し不便です。

特に、110番や119番など、いざというときにスマホが使えないため、非常時のときに役にたちません。(アプリによっては、かけられるタイプもあります。)

そして、IP電話のアプリを常駐させる必要があるので、電池を消費が速くなります。

ネットで何かお買い物などをする場合、よく電話番号を入力することがありますよね。

その場合、050の番号でははじかれてしまうことがあります。

データ通信+IP電話SIMにするか、通話対応のSIMにするか?

価格を限りなく抑えたい場合は、データ通信+IP電話のSIMにすると、とても安くスマホを使うことができます。

一方、フリーダイヤルにかけられないとか、ネットでお買い物するときなど、電話番号の入力ではじかれてしまうなどが嫌だという場合は、通話対応のSIMを契約する必要があります。

IP電話はかけ放題のようなプランもないため、長時間の電話をするにもLINEになりそうです。

ではいったいIP電話はどんな人に適しているのでしょう・・・?

たとえば、親子の電話で、「ママ迎えに来て」「わかった」のような塾帰りなどの、いわゆる「お迎え電話」に使うために必要という場合は、とても活躍しそうです。

音声通話付きSIMについての詳細はこちらから

 

前のページ → SMS付きSIMの特長

次のページ → データ通信専用SIMの特長

 

<格安SIM・格安スマホの基礎知識>

sponsored link
いつも記事を共有していただきまして、ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ